2013年07月04日

下地選びはファンデーションとの相性も大事です

最近の化粧下地は、効果も形態もさまざまです。基本的には自分の求める効果と、使い心地の両方が合致している化粧下地を選ぶのがポイントですが、さまざまな種類があるために、実際に使ってみると、ファンデーションとの相性が非常に問題になってきます。

昔は化粧下地といえばクリームか乳液状で、UVや保湿、オイルコントロール効果がある程度だったので、だいたいどんなファンデーションを使っても問題はなかったように感じますが、最近は上に重ねるファンデーションを「選ぶ」ものが多いです。

同じブランドの同じラインのものであれば、その点は大丈夫でしょう。

特に30代以上が気になる「カバー力」を、光拡散系で補うタイプの下地は、違うブランドのファンデーションを使うとカスが出てしまったり、白く厚塗りっぽくなってしまったり、という傾向が強いです。

逆に同ブランドの化粧品と重ねると、びっくりするくらいファンデーションは薄づきですむので、ぜひ同ブランド同ライン使いで試してみていただきたいと思います。

おすすめBBクリーム
posted by 外為好き at 15:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。